Welcome to my blog

シカゴ通貨先物の投機筋ポジションからの妄想ごと

猫バスFX

猫バスFX

-
■シカゴ通貨先物投機筋の円のポジション
SnapCrab_NoName_2020-6-7_18-21-12_No-00.png

先週動いているドル円だけども投機筋が円売り加速させた訳ではなく、マーケットはドル安が進んだという事は実需の影響が考えられ、それも結構大きいのが動いたという事なんだろな。 

■ユーロ 
SnapCrab_NoName_2020-6-7_18-28-8_No-00.png

ユーロも投機筋の仕掛けではないっぽいので中間決算絡みで実需が動いてると見ていいのかも。中間決算終わるとどうなるんだろ。私の苦手なエリオット波動だと現在3波目。先週金曜日の陰線が4波目入りだとすると、5波目で上値抵抗線上抜けの可能性も。ただ丁度6月半ばに入ってくると実需も収まってきてそうだしなんとなく一旦上抜けて騙されてと上値抵抗線辺りの攻防になるんじゃないかなと。難しそう。 

SnapCrab_NoName_2020-6-7_18-30-50_No-00.png

ユーロドルの日足なんだけど重要ポイントに到達。上抜けると更に大きく動きそう。 

■ポンド
SnapCrab_NoName_2020-6-7_18-32-48_No-00.png

ポンドは先週も上げてたけど投機筋は空売り始めてるのが面白いなと。そもそも何で買われてるんだろっていう話なんだけどやっぱり中間決算絡みなんじゃないのかな。 終わるとどうなる。 

■豪ドル 
SnapCrab_NoName_2020-6-7_18-35-51_No-00.png

豪ドルは投機筋がもっと買ったのかと思ってたけどそんなに流れを見てるとポジションも大きく変ってない。
先週のドル安円安相場では投機筋は特段ドル売りの相手通貨として何かを集中的に買った痕跡もなくて静観。
むしろポンドの逆張りを仕掛けてる風でもある。 実需恐るべし。 円なんかだとGPIFなんだろな。似たような組織が世界的に動いてる可能性ありと。 推測でしかないけどそんな風に見えてくるぞっと。