Welcome to my blog

FX会社の法人口座を作る!  

猫バスFX

猫バスFX

-
「法人口座を作る!」私にとってはこれリベンジ企画になるんですよね。
法人を設立したのが2015年ですが、個人でFXをしていた流れで法人でも個人と同様に好きなFX会社で簡単に取引できるものと勝手に思っていたんです。当時は。 

 しかし、現実には個人でお気に入りだったFX会社にはことごとく審査で落とされ、メインで利用していた2,3社以外どんな会社があるのか全く不明だったし、この時点でそもそも法人でやる意味があるのかとさえ思ってしまったぐらい悲惨でした。ちなみに設立時のデータは以下の通りです。事前にリサーチしていて必要最低限の外観って感じではあるんですけどね。 

会社形態  合同会社 
資本金    100万円 
事業内容  アフィリエイト他  
固定電話  あり  
銀行口座  法人あり 

 会社を設立して銀行の法人口座を取得後に上記の内容で法人口座開設の申し込みをしたものの、審査落ちの連続。記録としてこの時点で落ちた会社を当時のメールのやり取りを見つつ記しておきます。尚、各社ともに口座開設基準については公開していませんし、審査に落ちた理由についても開示していません。オブラートに包んだような返事です。そりゃそうですよねwでもそれが返って厄介にしてしまってる気がします。もっと明確に開設条件をもう一歩具体的に書いていればお互いに無駄な作業が省けるとは思うんですよね。  

GMOクリック証券  

ITビジネス系の証券会社です。リアルな友人がFXをやりたいと言ってきたらGMOを推薦するくらいには信頼している会社です。
個人口座でメインで利用していたうちの1社だったし、法人でも利用したかった会社です。HPで見る限り現在では法人口座を募集していません。もしも同社の法人口座を持っていたらそれだけで法人としての価値があるんじゃないでしょうか。以前ブログでも紹介しましたが(コロナショックで判明 最もトレードに適したFX会社はここだった)約定力、システム安定性、スプレッド、顧客対応の点で総合力の高い会社です。私の中ではいわゆるAグループって奴なのです。ちなみに他にもAグループにはDMMFXがあります。ガチで利用していたせいか腫れモノに触るようにw提出書類のうち履歴事項全部証明書や印鑑証明書などが返却されてきました(゚∀゚) 審査に落ちようが落ちまいが良い会社であることには違いがありません。 また法人口座の募集を始めたら再チャレンジしたいです。

YJFX 

YAHOO!グループのFX会社。
メインではありませんでしたがサブとして個人口座は持っていました。申し込みが受理されて3日。メールで「審査基準に照らし総合的に判断した結果残念ながら今回は・・・」とされていました。ムカついたんで個人口座を解約しようとしたら法人と個人は別なんですと解約を止められたりもしました。大手で法人口座が作れないのは正直厳しいなと思い始めました。 

SBIFXトレード 

ソフトバンクグループのFX会社です。SBI証券が手がけるFXとは別の法人になります。
個人口座なし。申し込み受理されてから2日後にメールで「審査基準を満たしていない」との返答がありました。 

外為ジャパン 

母体は実はDMM.com証券。
個人口座なし。3週間程度経過して「今回は見合わせたい」との返答がありました。正直、あまり聞いたことがない会社なのに落とされるんだなと身の程を知ったぐらいです(´・_・`) 

マネックスFX 

マネックスグループが手がけているFX会社。マネックス証券のやってるFXと微妙に違いがあるらしいっす。
個人口座なし。メールでサクサクっと審査落ち。 

FXブロードネット 

よく分からない系FX会社。
個人口座なし。審査落ち。全く聞いたことない会社でも背に腹は代えられぬと挑み撃沈(´・_・`) 

外為オンライン 

IT事業・金融事業・不動産事業・カーシェアリング事業・ホテル事業などを手がけるISグループのFX専業会社。
ひまわり証券、アイネット証券、ライブスター証券もこのISグループらしいっす。 

外為オンラインといえば大島優子ですが、大島優子から口座開設受理した旨のメールは来ましたが、審査結果について返答すらきていませんw 酷過ぎるww

上記の通りで法人口座を開設しようにも個人的偏見に基づいてランク付けしているAグループ、Bグループともに散々な内容でした (><)金と時間もかかりました。 

Aクラス、Bクラスに続々と落とされる中、法人1年生でも合同会社でも資本金100万円な会社でも口座を開設してくれた会社も存在しました。 

外為どっとコム  

インヴァスト証券 

みんなのFX 

マネーパートナーズ 


法人を作ってはみたものの同様に法人口座を開設するのに苦戦している人やこれからチャレンジする人は上記の会社にアタックしてみるのは確率的には良いかもしれません(保証するものでもありませんが)。Cグループもチラホラ紛れてはいますがこれが現実。いや、むしろ感謝すらしています。外為どっとコムやマネパなんかはBグループですし大手です。この時点で会社設立初年度は口座開設活動を一旦休止することができました。  
 
履歴事項全部証明書や印鑑証明書もお金がかかりますし、手間暇もかかります。私の様に全方位的に攻めてみるのも良いかもしれませんが、振り返ると無駄に金と時間がかかりました。一方で拾える情報が少なかったので全方位に攻めるのもある意味で仕方がなかったんですよね。 

FX会社には各社毎に口座開設時のルールがある様なので、1年目なんかは法人口座を開設することを目的にしてみて、後日他のFX会社にアタックしてみるのも良いかもしれません。Bクラス内で開設出来たら取り合えず御の字といった感じだと思います。 

あれから5年が経ち元号が平成から令和に変わり、再びFX会社の法人口座開設に動いてみました!(∩・∀・)∩ リベンジ!
今ブログを書いてる現在も申し込み手続きの最中なのですが、既に変化が起きているんですよね。ちなみに法人の外観は変わってません。相変わらず合同会社だし資本金も100万のまんま。 

YJFX   

上記の通りで以前審査落ちしてるので、ダメもとで申し込んでみたらあっけなくメール申し込みの段階で開設!確認電話とか一切ありませんでしたw 

法人の外観が変わっていないので、単純に法人設立からの経過年数が関係してるものと思われます。 
それか社内でのルール変更か。ただこれは私には分からない事ですので分かったのは経過年数のところだけです。どうも他社も同じっぽいんですよね。

マネックスFX 

口座開設!ついでにマネックス証券も口座開設。メール送ったらすぐに約款やら細かな申し込み用紙と「個人IDが書かれて」送られてきました。 

SBIFXトレード 

口座開設!提出資料に一部不備があり、その連絡確認がきた程度です。経過年数って大事なんですね。

その他にも楽天証券、SBI証券も法人口座開設の手続き中なのですが、マネックスと同様に申込書の郵送段階で約款や細かな規則の書類がたくさん届いている事からするとこれらの会社も口座開設できるっぽい気がしています。  

DMMFXや同じグループ会社の外為ジャパンは法人口座のレバレッジが25倍であり、個人口座と変わらないため作りませんでした。DMMFXは私の中ではAグループに入ってるので、この時点でAグループはGMO含めて諦めるしかありません。 

Bグループに属していて比較的評判の良かったFXプライムBy GMOは審査が厳しいとの噂があったので今回は最初から見送りました。あとは噂ベースで根拠がないのですが、合同会社だとそもそも法人口座が作れないという噂があるFX会社には最初から申し込みしませんでした。資本金が300万だったらとか株式会社だったらとかいろいろあるんだけど、今更変えるのも面倒くさいしそもそも噂なので効率性を考えて現状の外観で運営を続けています。 

上記の理由からAグループの法人口座開設は難しいし、Bグループの中でベストではなくベターな先を探すのが法人口座では現実的であり、重要なことなんだと変に達観してしまいましたw。 

約定力、システムの安定性、許容できるスプレッド、窓口対応力の点でより良いFX会社を見つけることが法人口座探しの終着点なのかなとも思います。 

今回改めてよく分かったのは会社設立から5年経過すると上記の通りかなり法人口座は開設しやすくなるという点でしょうか。設立してまだ年数が経過していない場合も1年目でも開設してくれた会社は上記の通りありましたので、そういった会社にアクセスするのが効率的なんだと思われます。 

今後法人口座を開設、増やして行こうとお考えの方は参考にしてみてください。都度状況に変化があれば追記します。
Bグループに属する会社の口座が一気に増えたので、実際に利用してみて各社のメリットデメリットや項目ごとに点数化してみたりしてみてまとめてみたいと思います。 ではまた!
SnapCrab_NoName_2020-7-18_0-24-5_No-00.png


スポンサーリンク






FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
個人口座で利用しています。初心者の方はGMOとDMMがあれば取り合えずOK!




オアンダジャパン

個人口座で利用しています。口座開設すると残ポジの更新頻度が上がるので便利です。